名古屋市名東区 司法書士小林由夏事務所 相続 贈与 抵当権抹消 成年後見 会社設立 役員変更

公衆用道路の登録免許税

2015.11.28 登記のはなし

不動産の名義を変更する場合(所有権移転登記とかです。)は

登記申請時に登録免許税を納めなければなりません。

「不動産売買のとき、司法書士にえらい高いお金払った。」と

お聞きすることがありますが、この「えらい高いお金」の大半は

登録免許税という税金です。

 

登録免許税の額は、固定資産評価証明書に書かれている不動産の価額に

登録免許税法で決まっている税率をかけます。

 

非課税の不動産の場合ですが、

例えば、 「公衆用道路」の場合には、その土地に接近した位置にあり、

かつ、その土地とほぼ同種類の土地(近傍宅地)の

1平方メートルあたりの価格に地積をかけて、さらに、それに100分の30をかけて算出した額が、

不動産の価額となります。

0コメント

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree