名古屋市名東区 司法書士小林由夏事務所 相続 贈与 抵当権抹消 成年後見 会社設立 役員変更

成年被後見人の特別代理人

2015.03.19 成年後見

相続が発生して、相続人に成年後見人と成年被後見人がなる場合があります。
成年後見人と成年被後見人の利益が対立するので、
監督人が選任されていない場合には、
特別代理人を選任して、遺産分割協議を行う必要があります。
                                             
名古屋家裁の本庁の場合、
成年被後見人の特別代理人の申立受付は
一般の家事受付でなく、後見センターの窓口で良いようです。
                                           
                                     
未成年の特別代理人の場合は、家事の受付に提出するのだそうです。
                                       
                                       
                    
                       
                             

0コメント

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree