名古屋市名東区 司法書士小林由夏事務所 相続 贈与 抵当権抹消 成年後見 会社設立 役員変更

通学

4月から、むすこが、養護学校の高等部に通いだしました。

公共交通機関を利用して、通学します。

当初は、登校と下校のすべてに付き添わなければ心配な時期があり、

どうなることかと思っていましたが、

何とか、帰りは一人で、帰って来られることがわかりました。


ずいぶん昔、

例えば、知的障がいでIQが50の場合、

すべての面で、IQ100の子どもの5割しかできないのではなく、

知的障がいの子は、できることとできないことの差がデコボコと大きい。

(例えば、8割できることもあれば、2割しかできないこともある。)

と教えてもらったことがありましたが、

最近のむすこを見ていると、つくづく、その事を実感します。


字を書かせれば、ひらがなとカタカナが混在し、小学校1年生で学習する程度の

漢字が、たまに、混じるくらいの文章を書きますし、

計算も、せいぜい1桁の足し算がいいところ。

2桁になり、繰り上がりがあると、もう、わからないようです。

ところが、お金の計算になると、3桁までできてしまったり、

バスに書いてある行き先が読めたり・・・

最近の彼の生活力に驚かされています。


今まで、私は、他の知的障がいの方の多方面での頑張りを見つつも、

むすこに限っていえば、

むすこは私がいなければ何もできない。

彼は、常に誰かに守られる立場でしか生きられない。

と、心の片隅でひっそり思っていたのですが、

最近、もしかしたら、むすこも、そうばかりでもないかの知れない。

と、ちらっと思ったりします。

もしかしたら、チャンスがあれば、誰かの役に立てることもあるのかもしれません。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree